スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Training to be more

ノースカロライナ大学グリーンズボロ校 理学修士課程アスレティックトレーニング専攻2年
中嶋康博

学部代表者として大学ウェブトップに載せて頂きました

このような機会を大学から頂いた事に本当に感謝するとともに、今まで支えてもらってきた家族、たくさんの友達、先輩、後輩、先生、トレーナーの方々に感謝申し上げます

今後とも、よろしくお願い致します

英語ですが、是非よければ、立ち寄ってみてください。
Training to be more
スポンサーサイト

UNCG大学院生活より

UNCG 大学院 修士課程 1年目終了

2011年5月からUNCG(ノースカロライナ大学グリーンズボロ校)での大学院生活がスタートしてから、あっという間の1年間

夏期、秋期、春期のアスレティックトレーニングに関しての学業
University North Carolina Greensboro アスレティックトレーニングルーム 春期、秋期 実習
Wake Forest University(ウェイクフォレスト大学) アメリカンフットボール 2011年プレシーズン•シーズン実習
ER at the Wesley Long Hospital(ウェズリーロング病院 緊急救命室) 実習
Northern Guilford High School(ノーザンギルフォード高校) 2012年 春 実習

これだけ忙しく苦労し、勉強したって感じるのは今までにない経験です

又、苦労しているけれど楽しいという感覚を持てていることに関して、アメリカに来て僕自身が選択してきたものが間違いではなかったのかなとも思っています

アメリカでの生活やアメリカのスポーツ環境を通して多くの人達•知識との出会い、そして家族や多くの友達、先生方々のサポートに感謝します

たくさんの素晴らしい人達や環境に囲まれていることにも本当に感謝

まわりの"影響力"って本当すごいです

肌で感じています

大学院 修士課程卒業(MS: Master of Science)、そしてアスレティックトレーナー(ATC: Certified Athletic Trainer)になるまで残り11ヶ月!

この11ヶ月の道のりは、また一段と大変そうです

ただ、目標を描きそれに向かって努力し達成するという人生の楽しみ方をしっかり学んできているので、僕には「やれる」という気持ちしかないです^^

「ポジティブ」昔から、変わっていません^^

さて、この夏は少し日本へ帰ります(5/9~6/13)

気分転換と近い将来、日本に帰ってくる準備の時間にあてようかなと考えているところです

6月中旬、アメリカに戻ってきて秋に向けての準備をするつもりです

7~8月とプロのチームで実習することになっていたのですが、いろいろあり今回は8月からの学校での実習に参加となる感じです

その過程の話しは、本当に複雑で長いので機会があれば話します

その過程の一つに、ウェイクフォレストでの実習でお世話になった方から気に入ってもらえてウェイクフォレスト大学 フットボールの前ヘッドコーチと繋がったこともあります

その件で予定などの選択を迫られたことも一つ

前大学フットボール、ヘッドコーチ(監督)と直接の会話やメールをしている現実に恐れ入ってしまう日々は新しい人間関係の勉強になっています

紹介してくれた方も、プライベートジェット等を扱う会社の社長さん

こないだは空港で彼の飛行機のコレクションなどを見せてもらい、そこから近くの空を飛んできました^^;

幅広い出会いをさせてもらっています

8月下旬からは大学院 修士課程2年目スタート

学生生活残り11ヶ月

人生は"成るように成っていく"のだろうけど、しっかり努力することを心がける最後の学生生活を送っていきます

Exciting!!!

人工肩関節置換手術見学感想

手術見学してきました^^

専門用語を日本語に訳す時間がないため、今回は英語で感想書きます^-

なかなか見れない手術で、貴重な勉強させてもらいました

授業はあと2週間半

半端なく忙しいですが、後少し頑張ります!

いつの間にか、英語で書く方が楽になってしまっている自分

海外での生活もはまってます--^^

I viewed a reverse shoulder replacement surgery.

The patient was 80 years old and a right handed female. She had a multiple year history of severe shoulder pain and loss of function. Her diagnosis was pseudoparalysis of the shoulder, in which she was unable to lift the arm to the shoulder level because of pain and significant weakness of the rotator cuff.

The type of surgery was the open surgery, which was specifically for the reverse shoulder replacement. In the reverse shoulder replacement surgery, the ball is placed on the glenoid fossa of the scapula and the socket is placed on the head of the humerus. Because I had never heard and seen about this surgery, I was really surprised that the surgery provided the patient a different anatomical structure than the human normally has!!!

According to the physician, the reverse shoulder replacement surgery prevents the bones between the head of the humerus and the acromion from colliding because of the lack of the rotator cuff muscles when the patient elevates the shoulder after the surgery. This is because the socket on the head of the humerus is stuck on the ball on the glenoid fossa at around 120 degrees elevation of the shoulder. As a result of those, the reverse shoulder surgery minimizes pain from the bone collision after the surgery, but limits the ROM (range of motion) within around 120 degrees, which is sufficient ROM for daily activity. I thought it did make sense. If I have two choices one being less pain and sufficient ROM, or another involving more pain and close to normal ROM at ages of over 70 years old, which is around the average age the physician performs, I will choose less pain and sufficient ROM ^^!

The physician conducted the surgery with the delto-pectoral approach, which reaches to the head of the humerus and glenoid of the scapula between the deltoid and pectoral major muscles.

I thought it was good way to decrease the tissue damage. The surgery began with cutting off the arthritis of the humerus head and shaving it to the hemisphere to be able to sit for the socket. I wondered how the physician decided how much bone to actually cut off because it seemed he did not care about the size or the length of the humerus he cut off. After that, the physician made a canal to fix the socket on the humerus head. Before the physician actually fixed the socket, he put the base plate on the glenoid fossa, and then put the ball on the base plate and fixed it with a back up screw. The physician came back to the humerus side, and poured the cement with antibiotic into the canal of the humerus that he had made. Then, he set up the socket on the humerus head and connected the subscapularis muscle to the humerus. I thought that the operation room and the tools were sterile so I did not think about infection. However, I learned that infection of the surgery site after the surgery is a major issue for a second surgery. The final outcome of the surgery was that the patient could abduct and flex the involved shoulder to around 120 degrees, and rotate internally and externally as usual while the patient was anesthetized and there was no collision of the bones and no interference of the muscles when the physician performed each ROM of the shoulder. Those indicators meant that the operation was a success.

The general anatomy I needed for understanding this surgery was about function of the rotator cuff muscles in the glenohumeral joint. The rotator cuff is a group of muscles: the supraspinatus, infraspinatus, teres minor and subscaplaris muscles. The function of the supraspinatus muscle is to abduct the arm. The fuction of the infraspinatus and teres minor muscles is to externally rotate the arm, and the function of the subscapularis muscle is to internally rotate the arm. Those muscles, however, work more as a group. The rotator cuff maintains the humeral head center on the glenoid with shoulder elevation and allows the deltoid muscle to elevate the humerus, so the balance of the rotator cuff is really important for shoulder elevation. If the rotator cuff muscle loses the balance, there is no muscle to counteract the deltoid muscle and upward shifting of the humeral head happens when the humerus is elevated. Long-term effect of upward shifting in the motion provides damage to the humerus head and causes the arthritis. As a result, the rotator cuff imbalance finally causes the loss of ability to elevate the arm.

Regarding tissue damage, from the superficial layers to the deep layers, the epidermis, dermis, subcutis, fascia, muscles, and bones were damaged. Also, to expose the head of the humerus and the glenoid fossa, the labrum and some muscles and ligaments were completely removed. However, a patient who needs the reverse shoulder replacement surgery generally has already many ligaments, tendons, muscles and bones damaged.

I thought the bone healing was a major component for the healing process after the surgery. The humerus head was cut off and the humerus and glenoid was drilled to fix the ball and socket. Also, the physician used a hammer and a screw so there were many hefty works. Based on the tissue damage, the patient is generally required to immobilize the shoulder for 6 weeks to maximize the connective tissue healing process and bone healing process. The physician said that those patients also start the ultrasound treatment and really mild ROM exercises after 10 days of the surgery. After 6 weeks, the patient starts stretching and ROM exercises to regain the ROM, and strength exercises, especially for the deltoid muscle for the next 3 to 6 months. I think that this is because the patient's supraspinatus and the tendon of the biceps brachii long head are no longer existent in the shoulder. Thus, the deltoid has a major role in the shoulder elevation after the surgery. I also think that a patient's age must be considered. The average age of a patient for this surgery is around 70, according to the physician. I think that healing process is relatively slower and the osteoporosis might exist, so I need to be careful about it and communicate well with the patient. Therefore the patient and the athletic trainer should be really careful to progress the rehabilitation process because of the large amount of the tissue damage and the patient's age.

My interest was about a patient's outcome and satisfaction. As I mentioned earlier, the reverse shoulder surgery creates abnormal anatomical structure in the shoulder joint and limits shoulder elevation to around 120 degree because of the design of the surgery. However, because patient feels less pain and more stability of the shoulder after the surgery according to the physician's experience, the reverse shoulder replacement gives a good satisfaction to the patient. I think the patient's age is an important factor about it. The patient's hope is to decrease pain and to be able to move the arm with no inconvenience in normal daily activity. Regaining full ROM of the shoulder is not considered for the patient's priority. Thus, considering the surgery, defining what is the final outcome of the reverse shoulder replacement to the patient is important.

英語の勉強になりました^^!?

こんな勉強に毎日浸っています^^

Feel it...

3月も最後の週です

学ぶ努力を怠らずに出来る限りやる

いつも通りです^^

最近は、ほぼ毎日ゲストレクチャーや講演会等があります

普段の授業も医者や理学療法士、看護婦、薬剤師が来てのクラス

毎日、貴重な時間を過ごしています

先日はグリーンズボロでACLに関するリサーチ研究会があり参加してきました

全米、アジア、ヨーロッパ、アフリカからACLに関して世界的に権威のある人が集まってきていました

特にオハイオ州立大学のAjitとミシガン大学のScottはACL(動作分析)に関しては今もっとも熱い新しい世代の教授かと

彼らのディスカッションは本当に面白く勉強になりました

この研究会はうちの大学長(University of North Carolina Greensboro)が全米のATCの権威者でもあるので実現しているものでもあると思います

テーピングに関してうちの学長を知らない教授はいないくらいと言っても過言ではないほどのドンです

David H. Perrin

彼のテーピングの授業を受けられるのもUNCGに入った特権です^^v
564655_1971992235563_1715750975_954797_1146381799_n_convert_20120326093003.jpg

先週には、ハイポイント大学で開かれた全米でもっとも突然死に関する分野で有名なダグラス カーサの講演会に参加してきました

ハイポイント大学のアスレティックトレーニング学部のトップが僕が今いるノースカロライナ大学グリーンズボロの元アスレティックトレーニングプログラムディレクターなのでコネクションで参加させてもらえることができました

彼が活動しているサイトを下記に添付しました

英語ですが。。。

特に熱中症に関しては、彼の研究、行動力は全米の州法やスポーツのルールをも動かすものとなっています
Korey Stringer Institute
IMG_0908_convert_20120326092750.jpg

たくさんの分野のプロフェッショナルと日々接することで感じるものは本当に貴重な財産

まだ若い今の時期に、こういう環境に入れることに本当に感謝

「Feel」

普段の知識を学ぶものとは違う何か

今はただその何かを感じることを大事にしたい

きっと将来、ぼく自身の人間味に響く何かだと思うから

Feel me?

春ももうすぐ

最近は大分温かくなってきました

日中は半袖半ズボンですごせる今日この頃

春ももうすぐそこです

天気と比例して気持ちもすごく充実

学校等の忙しさに耐えれるだけの気持ちの持久力は大丈夫そう♪

同時にそろそろ夏のインターンに関してもめどをつけていかないといけないかなと

明日の朝、プログラムディレクターとミーティングをすることで話しをしてきたところです

僕自身が求める結果がもらえるように少し今日の夜、整理しないとです

運良くUCSDのアスレティックトレーナーからもインターンに関してのメールが届いていてアドバイスや準備に関して相談にのるから電話をくれとメールがきてました

「事」というのは上手く重なって流れていくものですね^^

それに今週末からUNCGが主催のACLに関するミーティングが開かれ、そこにもう一人僕のインターンに関係ある人がロサンゼルス California State University Northridgeから来ることになっていることを聞き...

僕が今回のインターンに関してお世話になってきている人に勝手に運命を感じています 笑

もうすぐアメリカ4年目突入

今ではアメリカ西海岸から東海岸と幅広いコネクション

出会ってきた方々に、僕がしっかり頑張ることで感謝を伝えていかなければなと思っています

今後ともよろしくお願い致します♪


 ▲  次のページへ>>

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

中嶋 康博

Author:中嶋 康博
生まれ:岐阜県土岐市

育ち:山形県山形市

山形県立山形南高校卒業

梅村学園中京大学
体育学部健康科 卒業 

NSCA-CSCS, CPT 取得
第一種衛生管理者 取得

食肉ヨーロッパ研修 パリ•ミュンヘン 参加
2008年3月

全国食肉学校
食肉流通業務実践コース 修了
2008年-2009年

University of California, San Diego Athletic Training Room
Internship for Athletic Training 2009/8~2011/4 

Core Power Yoga
Yogi Training Course 修了
2010年11月

University of North Carolina, Greensboro
Kinesiology, Master of Science Athletic Training
Class of 2013 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

A mouse groupie(A star?)
-Ma vie-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。